コース/レース紹介

世界クロカン、日本代表として決勝を走る

こんにちは、ぴぴおです。

前回のブログで書いたように、世界クロカンのオンラインイベントの10キロの部で日本人1位となり、日本代表として決勝レースを走れることになりました。

といっても、日本人男子の予選参加者は僕を含めて2人。上位10人が決勝に進出できるので、自動的に決勝で走れるのでした。

オンラインレースのため、予選と同じくどこで10キロを走っても良いのですが、腰痛と足首骨折を経て、ランニングを再開して2ヵ月の段階で走った予選と比べて、自分の走力がどこまで回復したのかを知るために、予選と同じコースを走ることにしました。

実は予選は期限が延長されたため、2回走っています。1回目は3月14日。タイムは49分23秒。2回目は4月18日で、タイムは49分02秒。

ここからどこまで走力が回復したのでしょうか。

コースは1周300mの公園を33周と100m。予選の時になんでそんなコースを選んだかと言えば、まだ骨折が治ったばかりの足首に不安があり、路面に凹凸のある普段の緑道を走るのが怖かったからです。

10kmという距離には、最近毎週水曜日に行っているビルドアップで慣れています。緑道と違い、路面がアスファルトであるうえ、アップダウンもないので、調子が悪くなければ、10日前に緑道で記録した48分くらいのタイムは切れると期待されます。

走り始めると、最初の1キロは5分ちょうど。それから少しずつペースアップしましたが、3キロで4’41のラップを記録した後は、少し速すぎると感じて自重。どうやら今の体力ではキロ4’45くらいが、しばらく維持できるペースの上限のようです。

ときどき上がったり下がったりするものの、おおむねキロ4’45くらいのペースで9キロまで推移。

ラスト1キロはスピードアップして4’17。

ゴールタイムは46’56。キロ4’41ペース。4月のタイムを2分6秒も短縮しました!

まだ2、3年前のジョギングのペースにすぎないので、記録の水準としてはたいしたことがありませんが、この数年、2、3ヵ月前にできたことができなくなるという流れがずっと続いていたので、2ヵ月前に比べて走力が向上したという事実に感激しています!

タイムトライアルの後は、数名の仲間と一緒にゆるジョグ。14キロくらい走ったので、この日の合計走行距離は、ウォームアップの1キロおよびタイムトライアルの10キロと合わせて25kmを超えました。年初来最長距離となりましたが、24キロのスロージョグをした先週と違ってヘトヘトにはならず、まだ少し走れそうな感じでした。

10日ほど前から左足の麻痺が治まり、数年ぶりに致命的に痛い箇所がなくなり、残る問題は体力の回復だけになってきました。希望が湧いてきたので、引き続き頑張ろうと思います。

このオンラインイベントについては、果たして有料記念品が本当に郵送されてくるのか、依然として不安ですが、6月21日のFinalの日程終了後の動向に注目してみます。

続報はこちら

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です