コース/レース紹介

東日本ハーフマラソンに出場、暑さにやられる

こんにちは、ぴぴおです。

この間の日曜日は東日本ハーフマラソンに出場してきた。

会場は米軍の相模原補給廠(ほきゅうしょう)。ここで行われる大会に出るのはこれで3回目。過去2回の出場時の季節は、1回目は今回と同じ10月上旬、2回目は4月下旬だったと記憶するが、どちらも快晴で暑かった。

この日も予報では最高気温30度。もう10月なのになんで~?

米軍の施設なので、会場に入る際に結構慎重な荷物チェックがあり、しばらく並んで待たされたのだが、この時の日差しがきつくて、かばんの奥にしまってあった帽子をわざわざ取り出してかぶったほど。

最近の練習を振り返ると、8月のマレーシア旅行で体調を崩したが、その後は比較的順調に練習を積めていて、インターバルもペース走もロング走もこなしてきた。そんなわけで、ある程度、好結果を期待していたが、この暑さはどう影響するか・・・ ちなみにハーフマラソンは今年1月に1時間35分、昨年11月に1時間37分で走っているので、その間くらいのタイムを予想。

スタートすると、最初の1キロのラップが4’17。1月に走ったときの平均ペースが4’32/kmくらいなので、明らかに速い。これは調子がよいのか?

・・・と思ったが、やはり暑さが気になったので意識的にペースダウン。その後は4’30を少し超えるくらいのペース、つまりおおむね予想タイムのペースで走っていった。

しかし、1周7キロのコースを一回りしたところで、そのペースが早くも暑さできつくなってきた。

そこで10キロからは意図的にさらにペースダウン。4’40くらいでしばらく行こうと思ったが、殊の外それまでのダメージが大きく、4’50台までペースが落ちてしまう。

12~3キロ辺りは精神的にも辛くて、「調整レースでダメージを負いすぎてはいけない」とか何とか理由を付けてやめようかと思ったくらい。実際、コースアウトして立ち止まっている人も何人か見掛けた。

しかし、これで止めたら後悔するし、自信を失うよな、と思い直し、途中棄権の考えを頭から捨て去る。せめて1時間40分は切ってゴールしたい。

それでもラップはじりじり落ち、ついにはキロ5分を超えた。このままでは1時間40分を超えてしまう・・・。

しかし17キロくらいまで頑張ったら、残り4キロならいけそうだという気がしてきた。そこからフォームを立て直したら、スーッと4’40台に再びペースアップできた。最後の1キロのラップは、もう少し頑張って4’25に。以前ならもっとがむしゃらに飛ばして4分切りを目指すところだったが、そこまでの元気はなかった。

ゴールタイムはネットで1:38:19、グロスで1:38:33。途中で下方修正した目標は何とか達成。とはいえ、達成感は微妙なところ・・・。

まあ、最後落ちまくってグダグダで終わるのではなく、ラストはペースアップできたので、よいイメージで締めくくることはできた。

ゴールラインをまたいでもガーミンの測定距離が21.04kmくらいだったため、ハーフマラソンの距離(21.0975)を超えるまで少しジョグを追加したw

レース後は基地内でイベントが開催され、飲食店のブースが出たり、軍人バンドのライブ演奏が行われたりしていたが、自分は奥さんと約束があったので、サンドイッチを1つだけ食べて帰ってきた。

レースが終わってから帰るまでにペットボトルのドリンクを3本飲んだが、シャワーを浴びて体重を量ったら、前の晩から3キロ以上減っていた。暑い中、よく頑張ったということか。

また次のポイント練習やロング走がきちんとこなせるように、休養をしっかりとろう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

甦れ!中高年ランナー - にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です