コース/レース紹介

ハイテクハーフマラソン2022に出場

こんにちは、ぴぴおです。

ハイテクハーフマラソンを走ってきました!

昨年11月28日にサウルス・チャレンジマラソンでハーフマラソンを走ってから1ヵ月半程度で再びハーフマラソンに出場したことになります。

数千人が参加する久しぶりの大規模大会のため、オミクロン株感染の懸念はあるものの、会場に着くと自然とテンションが上がります。

つい先日、雪が降ったこともあり、かなり寒くなることを予想していました。確かに日の出直後まではマイナスの気温だったようですが、日が出てからは気温がぐんぐん上がり、スタート時にはベストコンディションといえる8~9度くらいだったと思われます。荒川土手のコースながら、風も気になりません。

スタートは大混雑。スタートラインまでの50mに1分2秒を要しました。

しばらく渋滞が続き、自分のペースで走れるようになったのは1キロ過ぎくらいから。

快適なペースで走るとキロ4分半を切っています。これは今の自分には身分不相応ですが、気持ちがよいので全行程の3分の1となる7キロまでこのペースで行ってみることにしました。その後の7キロは4’35、最後の7キロは4’40を目安に走れば、平均4’35/kmくらいのペースになり、前回の記録(1時間37分19秒、4’37/kmペース)を更新できます。

無事7キロを通過。その後少しペースを緩めたつもりでしたが8キロのラップも4’28。9キロは立ち止まって給水したので4’33となりましたが、ペースは落ちていないもようです。ならば、10キロまで4’30で行きましょう。

途中、折り返して戻ってきた青学のランナーを中心とする先頭集団や、女子の岩出選手らがさっそうと走っていきます。おお、プロの走りだ~。

11キロのラップは4’29、12キロは下りがあったので4’24。それなら、14キロまで4’30で行っちゃう?

結局、本当に14キロまで4’30で行ってしまいました。あとは、残り3キロになるまで4’40で行って、最後はビルドアップで行こうと計画。

しかし、しばらく走るといよいよ本当に疲れてきました。大きくペースを落としたら、再び上げる気力がなくなると思ったため、4’35を目安に行くことにしました。

2、3キロは4’35前後のペースで走りましたが、そこからは脚が売り切れに近づき、徐々にペースダウン。19、20キロのラップは4’41、4’39。

最後の1キロで、前回はぐっとペースを上げましたが、今回は余力なし。4’30を切るのが精一杯。

ゴール地点がスタートと同じだと思っていたら、もっと先で心が折れました。アスファルトの道を曲がって芝生に入ったので、もしかしてさらにグラウンド1周?と思いましたが、曲がったらすぐにゴールでした。そうだと分かっていたら、ラストはもうちょっと飛ばしたのに。

ゴールタイムはグロスで1時間36分46秒。ネットでは1時間35分44秒!前回の記録を1分37秒上回り、平均ペースは前回より5秒速いキロ4’32でした。

最後はペースが落ちましたが、結果には今回も大満足です。

今度はフルの完走目指して頑張ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です